ぺるそね・攻略ノート

ぺるそねの基本機能から、具体的な利用方法まで、ぺるそねを使うためのヒントをお届けします!

  • 2012.10.11

ご利用の前に

分析に必要なサンプル数


ぺるそね・攻略ノート、今回は、抽出したデータにどのくらいサンプル数があれば、分析可能なラインなのか、ご紹介します。

 

ぺるそねでは、約150項目、5000超のブランドでセグメントを作成することが出来ますので、絞ろうと思えばいくらでも対象を狭めていくことが可能です。

 

 

ただ、あまり絞ってしまいすぎると、統計的に妥当な分析ができなくなる可能性があります。

 

 

そこで、ある程度のボリュームが確保できるセグメントを作成することがポイントになります。

 

では、サンプル数はどの程度あればよいのでしょうか。

セミナーでも、同様のご質問をいただくことが多いのですが、大抵「300人程度」とお答えしています。

 

 

ぺるそね全体の母数が約3万人ですので、その1%程度あれば、分析に足るだろうという判断です。

もちろん、細かく知りたいデータを求めていくと、300人を切ってしまうことは多々あるかと思いますが、その場合も分析不可能ということではありません。サンプルが100人を切った場合でも、参考値として分析することもあります。

 

 

トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://tips.perso-net.jp/wp-trackback.php?p=799