ぺるそね・攻略ノート

ぺるそねの基本機能から、具体的な利用方法まで、ぺるそねを使うためのヒントをお届けします!

  • 2012.11.30

課題解決編

コラボレーション企画の検討をする


ぺるそね・攻略ノート、今回は、「コラボレーション企画を検討する」方法をご紹介します。

たとえば、企業同士のコラボレーション、キャンペーンのノベルティの企画などでは、ある企業/商品が他のどんな企業/商品と相性がいいのか、ターゲットの人たちに刺さるブランドとは何なのかを知ることが重要です。

ぺるそねでは食料品からファッションブランド、よくいく店舗、好きなメーカーなど、16カテゴリ、79ジャンルの5000を超えるブランドの情報があります。
その中の特徴となるブランドや設定したセグメントのお気に入りのブランドは、きっと企画の参考となるデータとなるかと思います。

 

 

 

■まずは、「ブランドを知る」で相関図を見る


まずは「ブランドを知る」で、全5000超のブランドから自動で親和性のあるブランドを抽出する「相関図」をご覧ください。

 

 

ここでは、選んだブランドを選択している人が他にどんなブランドを選んでいるのかがわかります。対象は、「所有ブランド」内の全てのジャンルで、「対象者選択率/比較者選択率」を算出し、そこから倍率の大きいブランドを5つ抽出してマッピングしています。※ただし対象ブランド選択者の所有率が10%未満のブランドは対象外となっています。 >>続きを読む

  • 2012.11.08

課題解決編

雑誌の読者層を調べてみる


ぺるそね・攻略ノート、課題解決編では実際の業務を想定した使用方法をご紹介します。

皆さんからいただいたご質問にもお答えしていこうと思っておりますので、何かぺるそねの使い方で疑問等ありましたら、お問い合せフォームよりご連絡ください。

 

さて、課題解決編、最初は、雑誌の読者層を調べる方法です。

たとえば、広告代理店の方が雑誌出稿の提案をするとき、メーカーの宣伝担当の方が商品の宣伝のためにメディア露出を検討するとき、またはその結果を検証するとき。まずは、リーチしたいターゲットと、雑誌の読者層がマッチしているかが重要になってきます。

 

 

■ぺるそねで雑誌の読者層を調べてみる

 

ぺるそねの「ブランドを知る」では、メーカーやブランドの支持者を抽出することができます。

ブランドを知る>メディア・webサービス>ファッション・ライフスタイル誌(女性)で下っていくと、家事・育児誌を除いた63の女性誌のデータを見ることができます。

 

 

今回は例として、ぺるそね内ランキング1位の「MORE」を取り上げてみたいと思います。

「ブランドを知る」で検索するとまず出てくるのが、サマリと相関図です。MOREの読者は873人いました。

 

<サマリ>

 

>>続きを読む

  • 2012.11.05

実践編

ぺるそねのデータから『ペルソナ・イラスト』を作ってみる


ぺるそね・攻略ノート、今回はぺるそねのデータから『ペルソナ・イラスト』を作る方法を紹介します。

誠ブログ「消費者理解コトハジメ」でもさまざまなペルソナ・イラストをご紹介し、ご好評いただいて参りましたが、そのペルソナ・イラストが、ぺるそねでは簡単に作ることができます!

 

※ペルソナとは・・・

アンケートデータなど、様々なファクト情報をもとに「見える化」した顧客モデルのこと。

詳細はこちらのブログをご覧ください。

 

 

 

■ぺるそねを使った、ペルソナ・イラストの作り方(例・30代前半の主婦)

 

①「ターゲットを知る」もしくは「ブランドを知る」で知りたいターゲットを調べる

 

②ダッシュボードのファッション関連項目(服/靴/バッグ)をチェックし、特徴となっているブランドをピックアップ

※今回は、より特徴を浮き上がらせるため、女性全体と比較しました。 >>続きを読む

  • 2012.11.01

実践編

比較対象を変更する方法


ぺるそね・攻略ノート、今回は「比較対象を変更する方法」をご紹介します。

ぺるそねのデータは、必ず比較対象のデータと一緒に表されますが、デフォルトでは同性/同年代のデータが比較対象として抽出されます。(性/年代の指定がないセグメントの場合には、全体(30,444人)と比較されます。)

また、ダッシュボードのデータのみにはなりますが、任意のセグメントを比較対象とすることも可能ですので、今回はその方法をご紹介します。

 

 

■比較対象の変更の手順(例・20代専業主婦と30代専業主婦を比較する)

 

①比較対象にしたいセグメント(20代専業主婦)を「ターゲットを知る」で抽出し、画面右上にある「保存する」をクリック (⇒MYセグメントに保存されます)

 

③適宜名称を入力し、保存する

 

④対象にしたいセグメント(30代専業主婦)を「ターゲットを知る」で抽出

>>続きを読む

  • 2012.10.23

基礎編

市場を大まかに把握したい場合【「マーケットを知る」を活用する】


ぺるそね・攻略ノート、今回はぺるそねの3つの機能のうちの1つ、「マーケットを知る」を使った、市場の概況を把握したい場合のぺるそね活用方法をご紹介します。

「マーケットを知る」では、14カテゴリ、63ジャンルのマーケットを検索することができ、どういうプレイヤー(ブランド)がどのように存在しているのかをブランドマッピングを通じて把握することができます。

 

 

■どんなマーケットを検索できるのか

では、14カテゴリ63ジャンルにはどのような市場が含まれているのでしょうか。

カテゴリ、ジャンルは以下の通りです。

 

 

検索方法も、「ブランドを知る」同様簡単で、ログイン後、上部に現れる「マーケットを知る」をクリックしていただくと、

 

・カテゴリからの検索

 

でマーケットを指定することができます。

 

>>続きを読む